にほんブログ村 ゲームブログ 海外オンラインゲームへ
多面打ち(画像クリックで拡大します)
DSCF0012.JPG 五面打ち〜.JPG
注意
当サイトで紹介している各ポーカールームのボーナス情報などは、必ずしも最新のものとは限りません。サインアップの際は、各ポーカールームサイトにて各自ご確認ください。
$$$$$$$$$$

2005年12月31日

frugal system 機能せり!

一年間続けてきたポーカーのプレースタイル(frugal system 又は frugal way)ですが(「frugal system」と「frugal way」は、frugal gamblerの登録商標です、というのはウソ)、十分に機能することが経験的に証明されました。大して儲かってないし、幾ら儲かったかというような野暮な話はいたしませんが、酔狂ながら周辺数値をお伝えすることにより、私のプレースタイルが如何に機能したかを想像していただければ幸いです。

(1)ボーナス込みでは、すべての月でプラス計上となりました。
(2)ボーナス込みでの儲けの最高月の額と最低月の額の差は、$1748でした。
(3)ボーナスだけの平均時給(テーブル1面あたり)は、$5.8/hでした。
(4)ボーナスを一番多くもらった月のボーナス額は、$1239でした。
(5)ボーナスを一番少なくもらった月のボーナス額は、$733でした。

(ちなみに、£については、×1.8で$換算してあります。)

さて、話は変わりますが、7月に当方より登録してくださった方で、月平均では恐らく私より儲けているのではないかと思われる、憚りながら出藍の誉れ高き方がおられます。その方は、賞品4に基本的に従ったプレーをしながら、20型UXGAモニターを使い、パソコン1台による4面打ちを駆使して、どうやら今はAbsolute Pokerを主戦場に利益を重ねておられるようです。月に一度くらい成果の報告かたがたメールをくださるので、以上のようなことがわかりました。

このように、frugal systemfrugal wayに忠実に従えば、誰でも年間通して利益を計上できます。これが、ポーカーで儲けることが出来る最も楽で確実な方法であると思います。たしかにスリルは味わえません。ローリミットで勝ったり負けたりの半ば退屈な日々の連続であります。しかし、ポーカーゲームをプレーしていることには変わりないので、それなりに楽しくもあります。

ただし、ボーナスハントをするとは言え、少なくとも平均的なプレーヤーよりは、実力上位である必要があります。平均的なプレーヤーとは、数値的にはどういうことかと言うと、レーキ(ショバ代)分だけ負けるプレーヤーです。レーキ分負けるのが普通のプレーヤーであります。もし、あなたが仮に負けていても、レーキの幾ばくかを実力で補填できているならば、あなたは平均より実力上位のプレーヤーということになります。

さて、現状としては、プレーするテーブルのリミット(レート)を考慮しながら適正にプレーする限り、経験的に言って、全体としては、ボーナスとレーキが大体見合っている状況ではないかと思います。従って、図式的に言えば、レーキ分負けたとしても(平均的プレーヤー)、ボーナスでまるまる補填できるので、損得無しということになります。でも、それでは、ポーカーをプレーする甲斐がありませんから、平均以上のプレーをしたいものです。その実力の度合いと多面打ちの面数によって、儲けが決まってくるとも言えます。

私は現在、パソコン4台による4面打ちを行なっていますが、まだ満足していません。5面打ち、6面打ちへと発展させたいと思っています。4面打ちは、もうかなり慣れたので、ケアレスミスをする可能性はほとんどありません。それゆえ、今後も機を見て慎重にパソコンの台数を増やしていきたいと思っています。もう搾り切ったと思われる乾いた雑巾をそれでも搾るトヨタの永久改善の思想を見習って、少しでもfrugal systemを完成に近づけていきたいと思います。

それから、平均よりも実力上位になるためにはどうすればいいのかというと、いの一番には、プレフロップのプレースタイルを確立することでしょう。これが、単なる気まぐれでは、なかなか長期的には平均プレーヤーを上回ることは難しいでしょう。多少の応用は利かすとしても、95%くらいは固定したいものです。ポジション、参加人数、レイズの有無などによって、一意的に決められた行動を、ほぼ機械的に取ることが大切だと思います。それができたら、あとは経験あるのみです。フロップにおいて、状況は、突然、極めて複雑化しますので、個々の事例を学問的に学ぶのは、とても困難であり、経験的に学ぶほうが合理的かつ現実的です。

ボーナスがなくならない限り、あるいはボーナス条件が過度に悪化しない限り、この方法は最も楽に儲ける方法であり、勝利の方程式であることを申し添えたいと思います。もちろん、私がとり立てて力説しなくても、既にこの方法を採っておられる方も、それなりにおられることと思いますが、「ポーカーのスリルや楽しみを多少犠牲にしてもいい、ボーナスハントでも構わないから儲けたい」という方は、この方法を試してみられると良いと思います。もっとも、精神的な持久力は、多少必要かと思いますが、あまり忍耐力がない私でもできていますので、多くの方にとって可能なのではないかと思います。

以上で、一年間のポーカー総括としたいと思います。それでは、皆様、よい年をお迎えください。(関係ないけど、今日は、格闘技観なきゃ。楽しみ楽しみ。)
posted by frugal gambler at 03:46| Comment(4) | TrackBack(0) | ポーカー・ア・ラ・カルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。