にほんブログ村 ゲームブログ 海外オンラインゲームへ
多面打ち(画像クリックで拡大します)
DSCF0012.JPG 五面打ち〜.JPG
注意
当サイトで紹介している各ポーカールームのボーナス情報などは、必ずしも最新のものとは限りません。サインアップの際は、各ポーカールームサイトにて各自ご確認ください。
$$$$$$$$$$

2006年02月25日

奇跡のストレートフラッシュ

maoさん(仮名)から、奇跡とも思われる報告をいただきましたので、以下に紹介させていただきます。

以下引用文

そんな訳で、ポーカーの方も、モヤモヤした気持ちで最適戦略でなくルーズに打っており、マイナスも100、1000、2000、3000、4000とわずか一ヶ月で広がり、10/20などのレートでルーズプレーは当たり前のような状態になっていました。

ある日の事、クリプトロジックのポーカールームで、いつものように10/20をルーズに打っているとA,Aが入ってきました。僕はBBで、一人がリンプインしていたのでレイズしました。相手はコールでフロップは 『A・K・J』 自分がベットすると相手はレイズで、自分がリレイズ!相手はコールでターンは 『』 自分ベットに、相手がレイズ。 

“ うっ!ストレート完成したのか!? ” と思いつつコールでリバーに 『』 はい!AAAKKのフルハウス完成で僕の勝ち!でベット!!すると相手がレイズ。 きたー!リレイズ! で相手がリレイズ。 きたー! そして僕がリレイズ! と何回繰り返したでしょうか・・・・そうなんです。僕は相手がプレフロップでレイズしなかったのでk,kはないと決め付けていたんです・・・・

様子がおかしいと思った時にはもう相当な額をレイズ合戦した後でした。

このゲームで僕は引退を決意しました。

そして気がつくと残りの数千ドルを持って『Absolute Poker』の 75/150 の10人テーブルについていました。テーブルに着いた途端、この数ヶ月間でためた残高や frugal gamblerさんに教わったポーカーの事など思い出して切ない思いがしました。レイズがかさめば、一回で千ドル以上らくらく持っていかれるレートです。一発勝負だと思うと少し震えました。

自分のBBが回ってきて配られたハンドが 6h7h でした。アーリーから1人リンプイン。ミドルから2人がコール。ボタンがレイズ!してきました。当然ホールドなのですが “ ここまで来ると戦略は関係なく運しだいなのでは!? ” と思い自分もコール。

フロップは 『 5h Ad Ks 』 絶望フロップ。 “ 降りてくれ!” と何を考えたのかブラフベット!(大アホ) アーリーがコール。 ミドルの一人がコール。 ミドルのもう一人がレイズ! で ボタンが リレイズ!!

“どうにでもなれ!”とコール。 アーリーがコール。 ミドルの一人がホールド。 ミドルのもう一人がリレイズ! もうぐちゃぐちゃです! この時点のミドルのハンドは 5s5c です。ボタンのハンドが AhKh です。

このゲームはミドルとボタンとどちらが勝ったと思いますか?

答えは・・・・・










僕が勝ったのです。

ターンで 『9h』 そしてなんとリバーで 『8h

何回レイズ合戦したか分からないくらレイズしました。ポットは5000〜6000くらいあったと思います。“奇跡が起きた!”と思いました。“ポーカーをまだやめるな!”という事だと思いました。もう一度、気持ちを入れ替えてポーカーを継続していこうと思います。また1/2のみでがんばります。

以上です。


posted by frugal gambler at 08:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ポーカー・ア・ラ・カルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。