にほんブログ村 ゲームブログ 海外オンラインゲームへ
多面打ち(画像クリックで拡大します)
DSCF0012.JPG 五面打ち〜.JPG
注意
当サイトで紹介している各ポーカールームのボーナス情報などは、必ずしも最新のものとは限りません。サインアップの際は、各ポーカールームサイトにて各自ご確認ください。
$$$$$$$$$$

2006年04月16日

ブログ1周年記念、ラスベガス旅行特集

4月16日は、暦の上では、私の誕生日とやらであることと、ブログ1周年でもありますので、セレブレーションということで、何回かに分けて、ラスベガス旅行特集を組みたいと存じます。

ラスベガス旅行/準備編

私がラスベガスに初めて訪れたのは、1999年の4の月だったかと記憶しております。ラスベガスに行こうと思い立ったそもそもの理由は、ひとえに、今はレア本となりアマゾンでもプレミアムの付いている書籍、「ブラックジャック必勝法」(斎藤隆浩著)と「カジノ・ブラックジャック必勝法」(川上二郎著)の2冊を読んだからでありました。

本を読んだ後、一度ソウルのウォーカーヒルで試したことはありましたが、6デックであったことと、ハンドヘルドではなかったので、超速で配るディーラーに当たったりすると、カウントできなくなることがしばしばあったことなど、あまりよい条件ではなかったので、本場ラスベガスへ行くことにしたのでした。

私は、念には念をと、これらの本のカウンティングシステム(ハイ・オプトT)の土台となった原著「The World's Greatest Blackjack Book」(Lance Humble,Carl Cooper共著)と、全米の各カジノの毎月のブラックジャック・テーブル条件を網羅したStanford Wongの「Current Blackjack News」を取り寄せ、綿密な計画を練りました。もちろん、カウンティングの練習もしましたし、一緒に行くことになった学生時代の友人と山中湖だか河口湖だかの安宿で2泊ほど泊りがけで合宿もしました。

ブラックジャックの本.JPG ←画像クリックで拡大します。

また私は、後にKOカウントというシステムに切り替えましたが、当初のハイオプトTのシステムでは、ランニングカウントをトゥルーカウントに変換しなければならず、いちいち割り算をしているとカウントがおろそかになるので、独自にある表を作り、割り算をするのではなく、表の記憶によってカウントの変換をすることができるよう工夫しました。大したことでもないのですが、これは私のオリジナルとして自負するものであります。

ところで、この時点では、私は、吠太郎さんのホームページにも出会っておらず、KOカウントも知らなければ、SD(Standard deviation)などの概念もありませんでした。特にSDなどの統計的概念は、ブラックジャックの良書であった上掲2著では、ほとんど触れられていなかった概念で、今でも、これらの概念は、私がギャンブルゲームを安全かつ有意に行なう上で、最重要基本事項となっています。

私は統計学には全く不案内ですが、これらの統計学的概念こそ、ギャンブルゲームを行なう上での最も肝心な点であると思いますので、もう少し述べてみたいと思います。

まず、ゲームの選択において、技術を向上させれば理論的に勝てるゲームかどうかというのは、最低限の基本事項です。そこを踏み外していれば、それは、「いわゆるギャンブル」であり論外です。正しいゲームの選択ができたら、次に技術を向上させることが必要です。十分な技術をもってすれば、勝てるギャンブルゲームは、幾つかあります。

さて、これで、ギャンブルで金儲けができるかというと、必ずしもそうならないのが現実です。おおよそ勝てるギャンブルゲームの理論値として、儲けのパーセンテージは、極めて小さいのが普通です。そもそも大いなる自然の恵みから利益を得てきた人間ですが、人間社会の経済においては、自然から搾取させていただいた分だけ、おかげさまでプラスサムなわけです。しかし、ギャンブルという、いわば閉じたマネーゲームでは、ゼロサムであり、プレーヤー側からすれば、胴元の利益分だけマイナスサムなわけです。そんな中で、どんなに秘術を尽くしたとしても大きなパーセンテージの利幅を稼げるはずもなく、僅かな有利さを現実のものとするためには、いろいろ検討すべき点があるわけです。

要するに、どのくらいの期間プレーすれば、たまたま運が悪かったとしてもプラスに持っていけるのか、そのプラス分は、期間中の交通費や食費や宿代などを賄ってあまりあるものか。そうなるためには、どのくらいの投資をすればよいのか、その投資のためには、どのくらいの資金を必要とするのか。これらのことを念頭においてギャンブルゲームをしなければ、それは、「いわゆるギャンブル」になってしまうわけです。私が、そのあたりのことを良く理解できたのは、ここ数年のことですから、世の中には、まだまだ、そのあたりのことを理解せずにギャンブルゲームに勤しんでいる方も多いのではないかと存じます。

ギャンブルをすること自体が楽しみという方は別として、楽しいことなら他に幾らでもあると思われている方でギャンブルでも儲けたい方、あるいは、他に大した楽しみもなくギャンブルは儲かるからこそ楽しいのだと思われる方は、上記のような事柄を、漠然と理解しているというのではなく、体に沁み込ませて理解していることが必要ではないでしょうか。要するにギャンブルファイターとしての心性ではなく、ビジネスマンとしての心性が要求されるのだと思います。

ついつい、口上が長くなってしまいました。次回からは、楽しいラスベガス旅行記(ほんまかいな!)をお届けしたいと存じます。

※この下に、アマゾンの商品の紹介リンクがありますが、見れない場合は、インターネットセキュリティーをオフにしてみてください。

    


posted by frugal gambler at 04:05| Comment(8) | TrackBack(0) | My Gamble History | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。