にほんブログ村 ゲームブログ 海外オンラインゲームへ
多面打ち(画像クリックで拡大します)
DSCF0012.JPG 五面打ち〜.JPG
注意
当サイトで紹介している各ポーカールームのボーナス情報などは、必ずしも最新のものとは限りません。サインアップの際は、各ポーカールームサイトにて各自ご確認ください。
$$$$$$$$$$

2007年01月23日

デラックス賞品S(終了)

2008/11/02更新 賞品キャンペーンは全て終了いたしました。

デラックス賞品S

「frugal gamblerと行く世紀末ウィーンの旅」2,000FPで獲得できます。

ヨーロッパには一度も行ったことがないのですが、一度行ってみたいと思っています。さて、この賞品は、オーストリアの都ウィーンの旅です。テーマとしては、一応「世紀末ウィーン」ということで、19世紀末の文化の香り豊かな時期に活躍した人物に焦点を当てた旅となります。

まずは、私の敬愛する哲学者ルートヴィッヒ・ヴィトゲンシュタインです。彼の姉のマルガレーテ・ストンボロウ夫人邸の設計は、アドルフ・ロースの弟子であるポール・エンゲルマンに委託されていましたが、途中からルートヴィッヒが参加し、エンゲルマン本人の談としても、この家は、「ヴィトゲンシュタインの建築」ということで知られています。「建築の論理学」と呼ばれるこの家を見に行きます。

そのほか、「装飾の罪」で有名なアドルフ・ロースのロース・ハウスなど、装飾を排し機能美を追究した建築物を見学します。あと、当時最もメジャーな建築家のオットー・ワグナーの建築群、それから、集合住宅などにその特異なデザインを施したフンデルト・ヴァッサーの幾つかの建築を見に行きます。

グスタフ・クリムトやエゴン・シーレの絵画も鑑賞いたしましょう。

中央墓地に眠る有名音楽家、画家、建築家などのお墓参りもいたします。

ホイリゲと呼ばれるワイン・バーで極上のワインに舌鼓を打ちます。

中心部からけっこう離れているようですが、ポーカーのメッカConcord Card Casinoにも行ってみましょう。

その他、時間の許す限り、ウィーンの街を巡ります。

※この賞品には、ウィーン往復航空券代金とウィーンでの宿泊代金が含まれます。その他すべての自己費用は、プレーヤー様のご負担となります。

※行く時期は、お互いの都合を踏まえ、ご相談となります。

※旅行期間は、1週間前後といたします。

※宿は、当方で選択した宿泊施設になります。滞在期間中、複数の宿泊施設を利用する場合もあります。基本的に、私の部屋とは別にお部屋を取らせていただきます(喫煙者の方や女性も歓迎です)。

※当旅行に関する万が一の不慮の事故については、当然ながら自己責任ということでお願いいたします(できる限りの応急の措置は取らせていただきます)。
posted by frugal gambler at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | デラックス賞品(旅行など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。