にほんブログ村 ゲームブログ 海外オンラインゲームへ
多面打ち(画像クリックで拡大します)
DSCF0012.JPG 五面打ち〜.JPG
注意
当サイトで紹介している各ポーカールームのボーナス情報などは、必ずしも最新のものとは限りません。サインアップの際は、各ポーカールームサイトにて各自ご確認ください。
$$$$$$$$$$

2005年08月27日

楽して儲ける

種明かしになりますが、「ポーカーで楽して儲けるにはどうすればよいか」、それに言及しているのが当ブログです。「お前は、最近ポーカーより昔の歌手の話ばかりしてるじゃないか」と言われるかもしれませんが、それはそのとおりとしても、すでに答えの大半は書き終えているのです。「冗談じゃない、ポーカーはそんな甘いもんじゃない」という反論があるかもしれません。それもそのとおりだと思います。

私は、過去にブラックジャックとビデオポーカーをやりにラスベガスに行きました。これにつては、いずれ記事カテゴリー「My Gamble History」に書きたいと思っていますが、今後ポーカーをやるためにラスベガスに行こうとは思いません。ラスベガスに行ったついでにポーカーをやることはあるかもしれませんが・・・。もっとも、WSOPなどの大会に出場し上位入賞を目指そうとする方々の志は尊重しますし、プロを目指して闘っている方の情熱も尊重するものであります。

「お前の言っていることは何となくわかるが、ロマンがない」と言われれば、これまたそのとおりです。「ロマンを持たないことにロマンを感じている」と言ってもわかりにくくなるので、ロマンがないということにしておきましょう。そのロマンのない私のやり方は、ややエキセントリックな言い方をすれば、「日常の営為のこどくポーカーをプレーする」ということになります。食事をしたり風呂に入ったりトイレに行くのとほぼ同等の行為としてポーカーをプレーするというわけです。そこに特別な努力や思い入れはありません。例えば、ポーカーにおける不運は、食事が少し不味かったり風呂が少しぬるかったり便が少し硬かったりするような日常の些細な出来事と同等です。

物騒な世の中ではありますが、基本的に日常生活というのは安全です。私のポーカーも極めて安全であり、もはやギャンブルとさえ言えないものとなっています。よくは知らないのですが、ケリーシステムとかいうバンクロールに対する最適賭け金というのがありますが、ある理由から、それを大きく下回るレートでプレーしています。バンクロールが増えてもレートは上げません。レートを上げる代わりに設備を増やします(限界がありますが)。私のプレーにおいては、バンクロールに影響を与えるような状況に陥る可能性は限りなくゼロに近いので、たしかに運が悪いときはボヤきながらプレーしますが、それだけのことで、後に残るような痛手にはなり得ません。

勝とう勝とうとがんばっているのに、どんどん負けている人々が大勢居ます。ポーカーにはレーキというショバ代がありますから、とりあえずは、みんな負けるのが普通です。その負けるのが常態であるギャンブル種目に勝つためには、ちゃんとした理由が必要です。それは、ブラックジャックならカウンティングであり、ビデオポーカーなら100%超のフルペイマシン+コンプだったりするわけです。

それでは、ポーカーはどうか。「そりゃ技術でしょう」とおっしゃるかもしれません。しかし、事はそう簡単ではありません。ブラックジャックやビデオポーカーのように確固たる最適戦略というのがポーカーにはありません。カウンティングや最適戦略を用いたブラックジャックやビデオポーカーですら、一週間や二週間の旅行で必ず勝てるというものでもありません。ましてやポーカーでどうやって確実に勝てるでしょうか。「技術を身につける」?、がんばってください。・・・いえ、私も向上心がないわけではありません。しかし、外国語である英語の本を読むのは根気が要ります。歳をとってくれば目も霞みます。英語の得意な方や若さとバイタリティーに溢れる方には、がんばっていただきたいと思います。私も、ボチボチがんばります。

森高千里の曲に「勉強の歌」というのがありますが、もちろん、♪勉強はしないよりも、しておいたほうがいいわ♪なんですが、すぐにストレートに役立つ知識とそうでない知識に分かれます。ポーカーは際立って後者だと思います。本を読んだからといって、それがストレートに勝ちに結びつくとは限りません。将棋の故木村14世名人の言葉だったかと思いますが、「棒ほど読めば針ほど叶う」というのがあります。そんな感じではないでしょうか。努力を放棄してはいけませんが、かと言って効率も考えないといけません。

最も効率的でより安全な道を進むと、大きな儲けは期待できません。せいぜいアルバイトの時給の2倍程度でしょう。もちろん波がありますから、月収ベースではなく年収ベースで考える必要はあります。少なからず、その人の置かれた状況にもよりますが、とりあえずギャンブルと称されるもので少しでも儲かれば御の字じゃないでしょうか。恒常的に大儲けをしたければ、リスク覚悟で真剣に猛勉強するか、翻ってポーカーなんぞやってる場合じゃないということになるでしょう。


posted by frugal gambler at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ポーカー・ア・ラ・カルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。