にほんブログ村 ゲームブログ 海外オンラインゲームへ
多面打ち(画像クリックで拡大します)
DSCF0012.JPG 五面打ち〜.JPG
注意
当サイトで紹介している各ポーカールームのボーナス情報などは、必ずしも最新のものとは限りません。サインアップの際は、各ポーカールームサイトにて各自ご確認ください。
$$$$$$$$$$

2006年04月23日

賞品31

賞品31 ●10FP(Frugal Point)で交換できます。
パーティーポーカーロゴ入り野球帽 新品 ブラック
先着1名様。品切れの際は、他のアイテムでお願いします。

パーティーポーカーハット2.JPG パーティーポーカーハット2−B.JPG

※画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧になれます。

註:ここに掲載している賞品は、私からの紹介で、各ポーカールームに登録・デポジット・プレーしてくださった方が、集めたFrugal Point(半永久不滅ポイント)を使って獲得できる賞品のうちの一つです。なお、各ポーカールームのご案内、当方への連絡の仕方などは、左サイドバー記事カテゴリの各ポーカールームの「キャンペーン」をクリックしてみてください。

Frugal Point については、下記を参照してください。
各ポーカールームの登録によって得られる Frugal Point (FP)
特定ポーカールームの継続プレーによって得られる Frugal Point (FP)
posted by frugal gambler at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン賞品画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賞品30

賞品30 品切れです。●10FP(Frugal Point)で交換できます。
パーティーポーカーロゴ入り野球帽 新品 ブラック
先着1名様。品切れの際は、他のアイテムでお願いします。

パーティーポーカーハット1.JPG パーティーポーカーハット1−B.JPG

※画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧になれます。

註:ここに掲載している賞品は、私からの紹介で、各ポーカールームに登録・デポジット・プレーしてくださった方が、集めたFrugal Point(半永久不滅ポイント)を使って獲得できる賞品のうちの一つです。なお、各ポーカールームのご案内、当方への連絡の仕方などは、左サイドバー記事カテゴリの各ポーカールームの「キャンペーン」をクリックしてみてください。

Frugal Point については、下記を参照してください。
各ポーカールームの登録によって得られる Frugal Point (FP)
特定ポーカールームの継続プレーによって得られる Frugal Point (FP)
posted by frugal gambler at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン賞品画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賞品29

賞品29 品切れです。●30FP(Frugal Point)で交換できます。
「Internet Texas Hold'em」Matthew Hilger著(302ページ、新品)
先着1名様。品切れの際は、他のアイテムでお願いします。

インターネットテキサス.JPG

※画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧になれます。

註:ここに掲載している賞品は、私からの紹介で、各ポーカールームに登録・デポジット・プレーしてくださった方が、集めたFrugal Point(半永久不滅ポイント)を使って獲得できる賞品のうちの一つです。なお、各ポーカールームのご案内、当方への連絡の仕方などは、左サイドバー記事カテゴリの各ポーカールームの「キャンペーン」をクリックしてみてください。

Frugal Point については、下記を参照してください。
各ポーカールームの登録によって得られる Frugal Point (FP)
特定ポーカールームの継続プレーによって得られる Frugal Point (FP)
posted by frugal gambler at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン賞品画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

ラスベガス旅行特集2

さてさて、初めてのラスベガス旅行、行く前にいろいろ調べたところ、ノース・ストリップ界隈の宿が比較的安いので、IACEトラベルで航空券手配方々、サーカス・サーカス・ホテルに一泊だけ予約を入れました。向かいのリビエラ・ホテルが第一希望だったのですが、取れなかったとのことで、サーカス・サーカスが、ラスベガスの最初の宿となりました。

サーカスサーカスホテル.jpg

空港に着くと、ラスベガス初心者よろしく、何も考えずにタクシーで、フリーウェイ回りでホテルに直行しました。サーカスサーカスの位置なら、タクシーを使う以上、このルートで問題ないかと存じます。パラダイスロードを通って行く手もあるかとは思いますが、当時は、すべて運転手さん任せでした。西側のフリーウェイ上から、夕日に照らされるストリップのホテル群を初めて眺め、気分はもうウキウキといった状態でした。

サーカス・サーカス・ホテルの部屋に荷物を置き、友人と共に、まずは、明日以降泊まる安宿を探しに出ました。ラスベガス大全のフォーラムでも、何度か書きましたが、私は、後に、「貧者のラスベガス」「ラスベガス辺境の思想」「非日常性の中の日常性」などをラスベガス旅行のテーマとして標榜していました。その中の「貧者のラスベガス」に該当する行為の一つが、この安宿探しで、その後のラスベガス旅行においても、また、リノに行った折も、半日以上かけて探し回るのが常でした。frugalな性質は、当時から健在だったということでしょうか。

友人はスニーカーでしたが、私はラスベガス初心者丸出しで、革靴を履いて歩き回ったので、足が痛くなって、途中で運動靴を購入いたしました。そして、何軒も探し歩いた結果、翌日からは、コンベンション・センター通り沿いのロイヤル・ホテルという知る人ぞ知るマイナーなホテルに泊まることにしました。その後も、2〜3の安宿に鞍替えしましたが、詳細は省略させていただきます。

さて、今回の旅行は、もちろんブラックジャックが目的です。すでに、カウンティングは、ソウルのウォーカーヒルで実践済みでしたが、ラスベガスでは、シングルデック、ダブルデックのハンドヘルドに限定してプレーすることにしていたので、初めてのハンドヘルドに対応できるかどうか実験するため、かねてより最初にプレーすることに決めていた、まあまあのテーブル条件のオーリンズに赴きました。実は、ハンドヘルドのほうが、むしろ余裕を持ってカウントできるので、実験は難なくクリアし、その後、約2週間、友人と一緒に、あるいは別行動で、あちこちのカジノを徘徊することになりました。このことが、後に「ラスベガス辺境の思想」を標榜する端緒になったのではないかと思います。

オーリンスホテル.jpg

ブラックジャックでも、1箇所滞在型で、まんまとルームコンプをせしめている人も居るようですが、カウンティングは、カジノに見つかると追い出されるので、同じ場所で長時間プレーしないほうが安全ということで、私は、基本的に1〜2時間程度でカジノを渡り歩く方法を採りました。「Current BJ News」で十分調べてあったので、テーブル条件の良いカジノを、なるべく効率よく回るようにしました。

下にリンクした表は、この第1回目のラスベガス旅行だけではなく、その後のラスベガス旅行及び、チェスの大会に出場方々リノにも立ち寄った時のプレーも含めた、ブラックジャックの全成績です。いかにも、frugalな戦いに終始してしまい、旅費も出ない冴えない時給になってしまいましたが、参考までにご覧ください。ちなみに、この表は、今は無きニフティーのラスベガス・フォーラムと、後にラスベガス大全フォーラムにも投稿したものです。

20世紀BJ総括.txt
posted by frugal gambler at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | My Gamble History | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

ブログ1周年記念、ラスベガス旅行特集

4月16日は、暦の上では、私の誕生日とやらであることと、ブログ1周年でもありますので、セレブレーションということで、何回かに分けて、ラスベガス旅行特集を組みたいと存じます。

ラスベガス旅行/準備編

私がラスベガスに初めて訪れたのは、1999年の4の月だったかと記憶しております。ラスベガスに行こうと思い立ったそもそもの理由は、ひとえに、今はレア本となりアマゾンでもプレミアムの付いている書籍、「ブラックジャック必勝法」(斎藤隆浩著)と「カジノ・ブラックジャック必勝法」(川上二郎著)の2冊を読んだからでありました。

本を読んだ後、一度ソウルのウォーカーヒルで試したことはありましたが、6デックであったことと、ハンドヘルドではなかったので、超速で配るディーラーに当たったりすると、カウントできなくなることがしばしばあったことなど、あまりよい条件ではなかったので、本場ラスベガスへ行くことにしたのでした。

私は、念には念をと、これらの本のカウンティングシステム(ハイ・オプトT)の土台となった原著「The World's Greatest Blackjack Book」(Lance Humble,Carl Cooper共著)と、全米の各カジノの毎月のブラックジャック・テーブル条件を網羅したStanford Wongの「Current Blackjack News」を取り寄せ、綿密な計画を練りました。もちろん、カウンティングの練習もしましたし、一緒に行くことになった学生時代の友人と山中湖だか河口湖だかの安宿で2泊ほど泊りがけで合宿もしました。

ブラックジャックの本.JPG ←画像クリックで拡大します。

また私は、後にKOカウントというシステムに切り替えましたが、当初のハイオプトTのシステムでは、ランニングカウントをトゥルーカウントに変換しなければならず、いちいち割り算をしているとカウントがおろそかになるので、独自にある表を作り、割り算をするのではなく、表の記憶によってカウントの変換をすることができるよう工夫しました。大したことでもないのですが、これは私のオリジナルとして自負するものであります。

ところで、この時点では、私は、吠太郎さんのホームページにも出会っておらず、KOカウントも知らなければ、SD(Standard deviation)などの概念もありませんでした。特にSDなどの統計的概念は、ブラックジャックの良書であった上掲2著では、ほとんど触れられていなかった概念で、今でも、これらの概念は、私がギャンブルゲームを安全かつ有意に行なう上で、最重要基本事項となっています。

私は統計学には全く不案内ですが、これらの統計学的概念こそ、ギャンブルゲームを行なう上での最も肝心な点であると思いますので、もう少し述べてみたいと思います。

まず、ゲームの選択において、技術を向上させれば理論的に勝てるゲームかどうかというのは、最低限の基本事項です。そこを踏み外していれば、それは、「いわゆるギャンブル」であり論外です。正しいゲームの選択ができたら、次に技術を向上させることが必要です。十分な技術をもってすれば、勝てるギャンブルゲームは、幾つかあります。

さて、これで、ギャンブルで金儲けができるかというと、必ずしもそうならないのが現実です。おおよそ勝てるギャンブルゲームの理論値として、儲けのパーセンテージは、極めて小さいのが普通です。そもそも大いなる自然の恵みから利益を得てきた人間ですが、人間社会の経済においては、自然から搾取させていただいた分だけ、おかげさまでプラスサムなわけです。しかし、ギャンブルという、いわば閉じたマネーゲームでは、ゼロサムであり、プレーヤー側からすれば、胴元の利益分だけマイナスサムなわけです。そんな中で、どんなに秘術を尽くしたとしても大きなパーセンテージの利幅を稼げるはずもなく、僅かな有利さを現実のものとするためには、いろいろ検討すべき点があるわけです。

要するに、どのくらいの期間プレーすれば、たまたま運が悪かったとしてもプラスに持っていけるのか、そのプラス分は、期間中の交通費や食費や宿代などを賄ってあまりあるものか。そうなるためには、どのくらいの投資をすればよいのか、その投資のためには、どのくらいの資金を必要とするのか。これらのことを念頭においてギャンブルゲームをしなければ、それは、「いわゆるギャンブル」になってしまうわけです。私が、そのあたりのことを良く理解できたのは、ここ数年のことですから、世の中には、まだまだ、そのあたりのことを理解せずにギャンブルゲームに勤しんでいる方も多いのではないかと存じます。

ギャンブルをすること自体が楽しみという方は別として、楽しいことなら他に幾らでもあると思われている方でギャンブルでも儲けたい方、あるいは、他に大した楽しみもなくギャンブルは儲かるからこそ楽しいのだと思われる方は、上記のような事柄を、漠然と理解しているというのではなく、体に沁み込ませて理解していることが必要ではないでしょうか。要するにギャンブルファイターとしての心性ではなく、ビジネスマンとしての心性が要求されるのだと思います。

ついつい、口上が長くなってしまいました。次回からは、楽しいラスベガス旅行記(ほんまかいな!)をお届けしたいと存じます。

※この下に、アマゾンの商品の紹介リンクがありますが、見れない場合は、インターネットセキュリティーをオフにしてみてください。

    
posted by frugal gambler at 04:05| Comment(8) | TrackBack(0) | My Gamble History | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

Pacific Poker、4 color option 設置

最近、しばらく、パシフィック・ポーカーでプレーしていなかったのですが、4カラー・デックのオプションが設置されました。この情報は、3月にパシフィックに登録いただいた方からの連絡で知りました。ありがとうございました。
posted by frugal gambler at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ●Pacific Poker キャンペーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

賞品28

賞品28 ●10FP(Frugal Point)で交換できます。
「図解ポーカー入門」竹内健著(レアな古本)
先着1名様。品切れの際は、他のアイテムでお願いします。

吠太郎氏書評より

「ポーカーの歴史から始まって、ドローポーカー、スタッドポーカー(ハイ・ロー含む)のルールや戦術について詳しく述べられた本。1997年出版とあるが、弱小出版社にありがちな方法で、表紙を代えているだけで実は1983年出版らしい。但し、写真などから判断すると実はもっと古い本なのかもしれない(情報お待ちしております)。ということもあってか、Hold'emについての記述が全く無い。戦略等について、誤った見方もあると思われるが著者執筆当時は、英語圏でもdefinitive book、良質の本がなかったことや、著者自身の発想で書いている(ように見える)所を評価したい。初台に「本格的ポーカーハウスがあったが当局の取り締まる所となって残念」などという記述もある。戦術書として必ずしも評価する訳ではないが、その昔に日本語で日本人が、独自の着想で書き下ろしたまあまあまともなポーカーの本があったことを記憶に留めておいても悪くはないだろう。」

ポーカー入門.JPG

※画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧になれます。

註:ここに掲載している賞品は、私からの紹介で、各ポーカールームに登録・デポジット・プレーしてくださった方が、集めたFrugal Point(半永久不滅ポイント)を使って獲得できる賞品のうちの一つです。なお、各ポーカールームのご案内、当方への連絡の仕方などは、左サイドバー記事カテゴリの各ポーカールームの「キャンペーン」をクリックしてみてください。

Frugal Point については、下記を参照してください。
各ポーカールームの登録によって得られる Frugal Point (FP)
特定ポーカールームの継続プレーによって得られる Frugal Point (FP)
posted by frugal gambler at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン賞品画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賞品27

賞品27 ●10FP(Frugal Point)で交換できます。
SunPokerのロゴ入りTシャツ2枚組み(2枚とも同じ物。白地、Lサイズ、もちろん一度も着ていません)。
先着1名様。品切れの際は、他のアイテムでお願いします。

SunPokerのロゴ入りTシャツ前       後ろ

  DSCF0009.JPG          DSCF0010.JPG

※画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧になれます。

註:ここに掲載している賞品は、私からの紹介で、各ポーカールームに登録・デポジット・プレーしてくださった方が、集めたFrugal Point(半永久不滅ポイント)を使って獲得できる賞品のうちの一つです。なお、各ポーカールームのご案内、当方への連絡の仕方などは、左サイドバー記事カテゴリの各ポーカールームの「キャンペーン」をクリックしてみてください。

Frugal Point については、下記を参照してください。
各ポーカールームの登録によって得られる Frugal Point (FP)
特定ポーカールームの継続プレーによって得られる Frugal Point (FP)
posted by frugal gambler at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン賞品画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賞品26

賞品26 ●10FP(Frugal Point)で交換できます。
ポーカースターズのロゴ入りTシャツ(新品、Lサイズ、白地にグレーの霜降り)
先着1名様。品切れの際は、他のアイテムでお願いします。

ポーカー8.JPG

※画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧になれます。

註:ここに掲載している賞品は、私からの紹介で、各ポーカールームに登録・デポジット・プレーしてくださった方が、集めたFrugal Point(半永久不滅ポイント)を使って獲得できる賞品のうちの一つです。なお、各ポーカールームのご案内、当方への連絡の仕方などは、左サイドバー記事カテゴリの各ポーカールームの「キャンペーン」をクリックしてみてください。

Frugal Point については、下記を参照してください。
各ポーカールームの登録によって得られる Frugal Point (FP)
特定ポーカールームの継続プレーによって得られる Frugal Point (FP)
posted by frugal gambler at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン賞品画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賞品25

賞品25 ●15FP(Frugal Point)で交換できます。
ポーカースターズのロゴ入りポロシャツ(新品、Lサイズ、白色)
先着1名様。品切れの際は、他のアイテムでお願いします。

ポーカー9.JPG

※画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧になれます。

註:ここに掲載している賞品は、私からの紹介で、各ポーカールームに登録・デポジット・プレーしてくださった方が、集めたFrugal Point(半永久不滅ポイント)を使って獲得できる賞品のうちの一つです。なお、各ポーカールームのご案内、当方への連絡の仕方などは、左サイドバー記事カテゴリの各ポーカールームの「キャンペーン」をクリックしてみてください。

Frugal Point については、下記を参照してください。
各ポーカールームの登録によって得られる Frugal Point (FP)
特定ポーカールームの継続プレーによって得られる Frugal Point (FP)
posted by frugal gambler at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン賞品画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賞品24

賞品24 品切れです。●10FP(Frugal Point)で交換できます。
映画ラウンダーズのシナリオ対訳本(古本ですが、問題なしです)
先着1名様。品切れの際は、他のアイテムでお願いします。

ラウンダーズ対訳本.JPG

※画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧になれます。

註:ここに掲載している賞品は、私からの紹介で、各ポーカールームに登録・デポジット・プレーしてくださった方が、集めたFrugal Point(半永久不滅ポイント)を使って獲得できる賞品のうちの一つです。なお、各ポーカールームのご案内、当方への連絡の仕方などは、左サイドバー記事カテゴリの各ポーカールームの「キャンペーン」をクリックしてみてください。

Frugal Point については、下記を参照してください。
各ポーカールームの登録によって得られる Frugal Point (FP)
特定ポーカールームの継続プレーによって得られる Frugal Point (FP)
posted by frugal gambler at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン賞品画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

賞品23

賞品23 ●10FP(Frugal Point)で交換できます。
パーティーポーカーのロゴ入りバッグ(新品 グリーン)
先着1名様。品切れの際は、他のアイテムでお願いします。

パーティーポーカーバッグ1.JPG

※画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧になれます。

註:ここに掲載している賞品は、私からの紹介で、各ポーカールームに登録・デポジット・プレーしてくださった方が、集めたFrugal Point(半永久不滅ポイント)を使って獲得できる賞品のうちの一つです。なお、各ポーカールームのご案内、当方への連絡の仕方などは、左サイドバー記事カテゴリの各ポーカールームの「キャンペーン」をクリックしてみてください。

Frugal Point については、下記を参照してください。
各ポーカールームの登録によって得られる Frugal Point (FP)
特定ポーカールームの継続プレーによって得られる Frugal Point (FP)
posted by frugal gambler at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン賞品画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賞品22

賞品22 ●10FP(Frugal Point)で交換できます。
アブソルートポーカーのロゴ入り野球帽(新品、黒色)
先着1名様。品切れの際は、他のアイテムでお願いします。

 ポーカー13.JPG  ルート帽子2.JPG

※画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧になれます。

註:ここに掲載している賞品は、私からの紹介で、各ポーカールームに登録・デポジット・プレーしてくださった方が、集めたFrugal Point(半永久不滅ポイント)を使って獲得できる賞品のうちの一つです。なお、各ポーカールームのご案内、当方への連絡の仕方などは、左サイドバー記事カテゴリの各ポーカールームの「キャンペーン」をクリックしてみてください。

Frugal Point については、下記を参照してください。
各ポーカールームの登録によって得られる Frugal Point (FP)
特定ポーカールームの継続プレーによって得られる Frugal Point (FP)
posted by frugal gambler at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン賞品画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賞品21

賞品21 ●15FP(Frugal Point)で交換できます。
アブソルートポーカーのロゴ入りポロシャツ(新品、大きめMサイズ、藍色)
先着1名様。品切れの際は、他のアイテムでお願いします。

 ポーカー14.JPG  ルート・ポロシャツ裏.JPG

※画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧になれます。

註:ここに掲載している賞品は、私からの紹介で、各ポーカールームに登録・デポジット・プレーしてくださった方が、集めたFrugal Point(半永久不滅ポイント)を使って獲得できる賞品のうちの一つです。なお、各ポーカールームのご案内、当方への連絡の仕方などは、左サイドバー記事カテゴリの各ポーカールームの「キャンペーン」をクリックしてみてください。

Frugal Point については、下記を参照してください。
各ポーカールームの登録によって得られる Frugal Point (FP)
特定ポーカールームの継続プレーによって得られる Frugal Point (FP)
posted by frugal gambler at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン賞品画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

パソコン4台による5面打ち以上

20インチモニター(UXGA、1600×1200まで表示可能)を導入いたしました。

今までも、UXGAを表示可能な16インチのノートパソコンを持っていましたが、ポーカーテーブルの文字などが、かなり小さくなってしまうので、使いづらく感じていました。今回のUXGA対応20インチモニターの導入により、下の画像のように大きく表示できるようになりました。(20インチモニターは、画像向かって一番右。)

これによって、1台のパソコンでの単独4面打ちも見やすくなり、パーティーやエンパイアなどの短期間でのボーナスクリアを強いられるポーカールームへの対応も、よりスムーズになりました。また、このモニターで2面以上を表示し、他の3台のパソコンでそれぞれ1面ずつ表示させれば、大きく見やすい状態、音を聞きやすい状態を、おおよそ維持しながら、ミスの少ない状態での5面打ち以上も可能になりました。

ちなみに、この20インチモニターにはスピーカーは付いていないので、直接音は出ませんが、そのモニターと繋いであるパソコンが、画像のようにモニターのすぐ下に置いてあり、そこから音が出るため、音の方向性としては、まるでモニターから音が出ているかのごとく、正しく認識できます。もっとも、この音は、モニターでオンになっているテーブルの音しか聞こえませんので、手番になれば当然ポップアップはするものの、オフになっているテーブルへの若干の配慮は必要となります。ちなみに、モニターに繋いであるパソコンの画面は、もちろんオフ(真っ暗)にしておくこともできます。

あと、アブソルート・ポーカーは、今までは、複数台のパソコンからも同時にログインできるという便利なポーカールームだったので、いつもパソコン4台による4面打ちの内の2面くらいは、ボーナスの極めて多いアブソルートをプレーしていました。ところが、最近アブソルートのソフトが新しくなって、1台のパソコンからしかログインできなくなってしまいました。今回の大型モニター導入により、このモニターでアブソルートの2面打ちを行ない、他のパソコンで他のポーカールームのプレーをすれば、今までどおりアブソルートに比重を置いた4面打ち、そして今後は5面打ちなどを行なうことが容易になりました。

それでは、画像をご覧ください↓

五面打ち〜.JPG  ←クリックで拡大されます。
posted by frugal gambler at 12:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 多面打ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

賞品20

賞品20 ●10FP(Frugal Point)で交換できます。
怪しいブラックジャック本・2冊セット、美本
洋書「John Patrick's Advanced Blackjack」 John Patrick著
洋書「Twenty-first Century Blackjack」 Walter Thomason著
先着1名様。品切れの際は、他のアイテムでお願いします。

BJダメ本セット.JPG

※画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧になれます。

註:ここに掲載している賞品は、私からの紹介で、各ポーカールームに登録・デポジット・プレーしてくださった方が、集めたFrugal Point(半永久不滅ポイント)を使って獲得できる賞品のうちの一つです。なお、各ポーカールームのご案内、当方への連絡の仕方などは、左サイドバー記事カテゴリの各ポーカールームの「キャンペーン」をクリックしてみてください。

Frugal Point については、下記を参照してください。
各ポーカールームの登録によって得られる Frugal Point (FP)
特定ポーカールームの継続プレーによって得られる Frugal Point (FP)
posted by frugal gambler at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン賞品画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賞品19

賞品19 ●10FP(Frugal Point)で交換できます。
洋書「The Theory of Blackjack」 Peter Griffin著、美本。
先着1名様。品切れの際は、他のアイテムでお願いします。

吠太郎氏の書評より

「BlackjackのCounting法は、確率・統計論に基づくものであるから、そのメカニズムを解明するためにはどうしても高度な数学が必要となる。この本は数学的に厳密にBasic StrategyやCountingの理論を扱った本である。従って、この本は「とにかく勝てればいい」というCounterには全く不要である。一方Countingの理論を理解したい人にはmust readである。

具体的に要求される数学的素養は、線型代数、ラグランジェの未定乗数法、多重積分、連続的な確率密度関数に対する理解、正規分布・誤差関数の操作、直線回帰(最小二乗法による線型近似)等であるが、いずれも初歩レベルが分かっていればよい。
日本の大学では理系であれば教養課程+αで一応このレベルのことは扱うので、理系出身者なら読みすすめるのに必要な知識はあるはずである。文系でも統計学・経済学・心理学など数学を使う分野をかじっていれば、ある程度ついていけるだろう。ただ、これらの数学が英語で語られているので、高度な専門書や学術雑誌等を英語で読む訓練を受けていないと相当タフかも知れない。

但し、この本は全般的に冗長な部分が多い上に、言い回しも高級なので、なかなか読み切るのは難しかろう。冗長な部分の例として、あるn次の行列式が0ではないことを帰納的に証明しているが、BJとは全く関係なく、線型代数の練習問題に過ぎない。

なお、筆者はCalifornia州のさる大学で数学の教授をしていると紹介されているが、具体名は明らかにされていない。この本の192ページにはStanford Wong, Ed. Thorp, Peter Griffinが一同に会した写真が出ている。貴重な写真なのでこれを見るために買うなり立ち読みするのもまたよし。!」

THEORY OF BJ.JPG

※画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧になれます。

註:ここに掲載している賞品は、私からの紹介で、各ポーカールームに登録・デポジット・プレーしてくださった方が、集めたFrugal Point(半永久不滅ポイント)を使って獲得できる賞品のうちの一つです。なお、各ポーカールームのご案内、当方への連絡の仕方などは、左サイドバー記事カテゴリの各ポーカールームの「キャンペーン」をクリックしてみてください。

Frugal Point については、下記を参照してください。
各ポーカールームの登録によって得られる Frugal Point (FP)
特定ポーカールームの継続プレーによって得られる Frugal Point (FP)
posted by frugal gambler at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン賞品画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賞品18

賞品18 ●10FP(Frugal Point)で交換できます。
洋書「SKLANSKY TARKS BLACKJACK」 David Sklansky著、美本。
吠太郎氏書評より「非常に評価の高いポーカー戦略書を書いているSklanskyが初心者〜初級Card counter向きに書いたBlackjackの戦略本。本人が序章で述べている通り、新たな戦術を開発したものではなく、hi-low (正確にはhi-low lite)を、分かりやすい切り口で解説しようと試みている。しかし、特に分かりやすくも書かれておらず冗長な記述と必要な情報の欠落の両方があり、Sklanskyの著書の中では珍しく失敗作である。各playerのトータルに対して、hit or standのベーシックand hi-lowの戦術の背景を少し述べている点で、Basic Strategyを覚えようという人の記憶を鮮明にさせるという点で、多少の価値がある程度、もちろん間違ったことは書いてないが、よほどのSklansky信仰者以外には不要。」
先着1名様。品切れの際は、他のアイテムでお願いします。

SKLANSKY TALKS BJ.JPG

※画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧になれます。
※画像のシワは、ビニール袋に入れてあるためです。

註:ここに掲載している賞品は、私からの紹介で、各ポーカールームに登録・デポジット・プレーしてくださった方が、集めたFrugal Point(半永久不滅ポイント)を使って獲得できる賞品のうちの一つです。なお、各ポーカールームのご案内、当方への連絡の仕方などは、左サイドバー記事カテゴリの各ポーカールームの「キャンペーン」をクリックしてみてください。

Frugal Point については、下記を参照してください。
各ポーカールームの登録によって得られる Frugal Point (FP)
特定ポーカールームの継続プレーによって得られる Frugal Point (FP)
posted by frugal gambler at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン賞品画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

奇跡のストレートフラッシュ

maoさん(仮名)から、奇跡とも思われる報告をいただきましたので、以下に紹介させていただきます。

以下引用文

そんな訳で、ポーカーの方も、モヤモヤした気持ちで最適戦略でなくルーズに打っており、マイナスも100、1000、2000、3000、4000とわずか一ヶ月で広がり、10/20などのレートでルーズプレーは当たり前のような状態になっていました。

ある日の事、クリプトロジックのポーカールームで、いつものように10/20をルーズに打っているとA,Aが入ってきました。僕はBBで、一人がリンプインしていたのでレイズしました。相手はコールでフロップは 『A・K・J』 自分がベットすると相手はレイズで、自分がリレイズ!相手はコールでターンは 『』 自分ベットに、相手がレイズ。 

“ うっ!ストレート完成したのか!? ” と思いつつコールでリバーに 『』 はい!AAAKKのフルハウス完成で僕の勝ち!でベット!!すると相手がレイズ。 きたー!リレイズ! で相手がリレイズ。 きたー! そして僕がリレイズ! と何回繰り返したでしょうか・・・・そうなんです。僕は相手がプレフロップでレイズしなかったのでk,kはないと決め付けていたんです・・・・

様子がおかしいと思った時にはもう相当な額をレイズ合戦した後でした。

このゲームで僕は引退を決意しました。

そして気がつくと残りの数千ドルを持って『Absolute Poker』の 75/150 の10人テーブルについていました。テーブルに着いた途端、この数ヶ月間でためた残高や frugal gamblerさんに教わったポーカーの事など思い出して切ない思いがしました。レイズがかさめば、一回で千ドル以上らくらく持っていかれるレートです。一発勝負だと思うと少し震えました。

自分のBBが回ってきて配られたハンドが 6h7h でした。アーリーから1人リンプイン。ミドルから2人がコール。ボタンがレイズ!してきました。当然ホールドなのですが “ ここまで来ると戦略は関係なく運しだいなのでは!? ” と思い自分もコール。

フロップは 『 5h Ad Ks 』 絶望フロップ。 “ 降りてくれ!” と何を考えたのかブラフベット!(大アホ) アーリーがコール。 ミドルの一人がコール。 ミドルのもう一人がレイズ! で ボタンが リレイズ!!

“どうにでもなれ!”とコール。 アーリーがコール。 ミドルの一人がホールド。 ミドルのもう一人がリレイズ! もうぐちゃぐちゃです! この時点のミドルのハンドは 5s5c です。ボタンのハンドが AhKh です。

このゲームはミドルとボタンとどちらが勝ったと思いますか?

答えは・・・・・










僕が勝ったのです。

ターンで 『9h』 そしてなんとリバーで 『8h

何回レイズ合戦したか分からないくらレイズしました。ポットは5000〜6000くらいあったと思います。“奇跡が起きた!”と思いました。“ポーカーをまだやめるな!”という事だと思いました。もう一度、気持ちを入れ替えてポーカーを継続していこうと思います。また1/2のみでがんばります。

以上です。
posted by frugal gambler at 08:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ポーカー・ア・ラ・カルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

ソウルにて

私は今から15年ほど前に、商品先物取引(綿糸・金・粗糖・小豆など)に何の戦略もなく、豆屋(業界用語で俗に「商品先物取引業者」の意)の薦めるままに手を出し、数百万円の損害を出したことがあります。何せ一時は、本業の営業をさぼって岡地の店頭に赴いて、その場で売り買いをしていたくらいですからお笑い種です。

その商品先物取引関係の本の中に、何故か、ワン・ツー・スリー・ウェイという方法でカジノのルーレットで勝った人の話が載っていました。今なら、これは悪名高きマーチンゲール方式の変形であることを即座に認識できるのですが、当時はそんなことは露ほども知らず、とても興味を持った私は、早速、当時靖国通り沿いにあったパンドラ・ルーレット教室という合法=アミューズメントの施設に出入りして、他の方々が普通にルーレットを楽しんでいる傍らで、来る日も来る日もワン・ツー・スリー・ウェイの戦略に従って赤や黒に駆け続けて実験していました。

必ずしも納得のいく結論が出たわけでもなかったのですが、一通りのシミュレーションを終えた私は、「いざカジノへ」とばかりに近場のソウルはウォーカーヒルに乗り込み、ワン・ツー・スリー・ウェイという方式の賭け方で、ルーレットの赤に賭け続け、運も良かったのか、数日で30万円ほどの儲けを得ることができました。(2回目のウォーカーヒル旅行では、上手く行かず、25万円くらい損をしています。ちなみに、3回目と4回目は、私の学生時代の友人と行き、モーテルなどの安宿を泊まり歩いたりして楽しみました。街の飲食店でビビンバなどを注文したときは、言葉が全く通じなくて閉口したことが印象に残っています。)

さて、1回目の30万円儲けた旅行では、最初から何かにつけツキがありました。この初めての韓国旅行、現地ガイドが付くとのことでしたが、何と私一人に対し一人の女性ガイドさんが付いたのでした。それもなかなかの美人の方でした。私は、ホテルまでの送迎と初日のお決まりの市内観光程度だと思っていたのですが、何故かこのガイドさん、「最後までお守りするのが私の当然の仕事です」とか言って、旅行期間中、私が外出するたびに付き添ってくれたのでした。もちろん、日本語はほぼペラペラです。

初日、仲良くお決まりの市内観光をした後、私は、「もうこれで貴女の今日の仕事は終わったということで、ここから先は遊びね」とか言って、食事に誘いました。言葉が通じない韓国料理の店では、彼女が代わりに注文してくれるので大助かりです。少しビールなど飲みましたが、彼女は全く飲めないらしく、一口飲んだだけで目が潤んできてフワーッとした何とも色っぽい感じになりました。この状況は、今になって思えば、かなりのチャンスのように思われますが、いかんせん私のこの旅行の目的は、一日目からカジノに入り浸って理論が成立するかどうかを実証することにありましたし、また、これまで据え膳を何度もアホみたいに逃してきた私の習性のせいか、それ以上アタックせずに、明洞あたりを二人で散歩した後、普通にウォーカーヒルホテルまで送ってもらって、ホテル地下にあるカジノへ直行してしまったのでした。

朴秀情1.jpg 朴秀情2.jpg   ←クリックすれば拡大されます

何日目かに、旅行メニューに入っていたのかどうかよく覚えてないのですが、いわゆるキーセンの居る場所に行くときも付き添ってくれました。私は、よくわからなかったのですが、何となく、この後、女を当てがわれるのだろうな、という予感はしていました。しかし、けっこう気に入っているガイドさんに連れられてキーセンハウスに行くというのも複雑な気持ちです。タクシーの中で、そのあたりのことを彼女に言ったら、「男の人がそういうことをするのは素敵だと思います」という意外な答えが返ってきました。まあ、そうこうしているうちに、キーセンハウスに到着しました。

まず、居心地の悪いようなヤケに広い座敷に通され、そこのママさんとチーママみたいな人に接待されながら、ビールだの酒だのを飲み、その後、種類豊富で食べきれないほどの韓定食が並びました。食事が一段落すると、チマチョゴリを着た6〜7人の女の子が入ってきて、ママさんは、その中から一人を選べと言うのです。私は、そもそも慣れない場所でやや緊張している上、チマチョゴリがあまり好きではなく、これという女の子も居ないので決めかねていると、今居る6〜7人を引っ込め、また別の6〜7人が入ってきました。ところが、またしても好みの女の子は居なくて困っていると、ママさんは、いったん女の子を全て引き上げさせたので、私は、「ママさんのほうがいいよー」なんてしょうもない本音を言ったりしましたが、ママさんは取り合わず、「悪いことは言わないから、次に入ってくる右から2番目の子にしなさいな」と耳打ちしました。次に入ってきたのは、そもそも一巡目の女の子たちだったので、やはり私は気が進まなかったのですが、ママさんの言うとおり、仕方なく右から2番目の子を指差して、めでたく今日の夜のお相手が決まりました。その後は、その決まった女の子を含め、飲んだり食ったりしました。ちょっと気になったので、「私を連れてきてくれたガイドさんはどうしたの?」とママさんに訊くと、「女の子が決まった時点で帰った」とのこと。少し寂しく思った私でした。

ちなみに、この美人ママさんとは、2回目の旅行のときに一夜を共にすることになったので、前後しますが、少しだけ触れておきます。2回目の旅行では、先ほど申しましたようにカジノで25万円くらい損をしたので、最後は適当に時間を潰そうと思い、前回のキーセンハウスに電話したら、ママさんがウォーカーヒルホテルまで迎えに来てくれました。車で店に向かうタクシーの中で、「私もたまには遊びたいから、私でよかったら」という願ってもない話。彼女は、「私は、これから店の女の子たちに給料を払わなきゃならないから、貴方は私の友達ということで、その間食事をしててもらって、頃を見計らって私の腹心の部下を貴方に付けるから、3人で店を出ましょう。」と手はずを整えました。なるほど、店の女の子たちの手前、信頼できる部下を当て馬にするというわけです。

そして、事は手はずどおり進み、店を出た後は、ママさんが他の人と共同経営しているというヤケにどどっ広いカラオケに行き、客の居ないガラガラの店で大して楽しくもないカラオケを一通り歌って、その後帰り際に、ママさんから「彼女に5千円くらい渡してやって」と耳打ちされ、その当て馬の彼女にチップを渡して別れ、ママさんと私は、ふたり手を繋いでタクシーで私の宿であるウォーカーヒルホテルへと向かったのでした。その後のことは、あまりにも野暮な話に属しますので、割愛させていただきます。

さて、話を戻して、1回目の旅行の私に当てがわれた女の子は、チマチョゴリを脱いで普通の服に着替えると、スタイルも良く、けっこう可愛く見えました。彼女とはホテルに戻る前に、彼女行きつけの店に連れて行かれ、面白くもない親子の曲芸みたいなのを見せられ、「可愛そうだからチップをあげて」と彼女が言うので、百円程度を出そうとすると、彼女は、「ダメ、こっち」と千円程度を指示するので、仕方なくそれを渡しました。私は、「あの親子、みんなからのチップで、あんなに稼げれば、全然可愛そうでもなんでもなく、ウハウハだろうな。あとで幾らかは、その店から私のお相手の女の子にバックされるんだろうな」と思いながらも、「郷に入れば郷に従え」で彼女の為すがままに従いました。今夜は、どうせ私の為すがままになるのですから。ウッシッシ。

この1回目の旅行の最後のほうで、私はカジノで30万円浮いている余裕もあって、ガイドさんの旅行会社経由で購入するウォーカーヒルホテルのショーのチケットをガイドさんの分も買ってあげて、一緒に観ることにしました。食事付きのショーなので、一人で観るのも寂しいものがあると思ったのと、本当に信じられないくらい尽くしてくれるガイドさんへのお礼のためでもありました。ショーが終わったあとのロビーで、私は「ちょっと部屋まで遊びに来ない?」と軽く誘ったのですが、彼女は首を横に振りました。彼女は、私と接するときは常に制服を着ていましたので、勤務中は客の部屋に入ってはいけないという決まりに自然に従ったのかもしれません。今になれば、彼女が完全にプライベートのときに会う約束をすれば、もしかしたら、さらなる進展があったのではと思ったりします。

彼女とは次の旅行でまた指名すればいいや、と軽く考えていたのが失敗でした。次の旅行では、ウソかホントか、旅行会社いわく、彼女はもう辞めたので、別のガイドを付けると。次のガイドさんもかなり親切にしてくれましたが、最初のガイドさんの時のような気持ちには全くなれませんでした。3回目、4回目の旅行でも、他のガイドさんに彼女のことを尋ねましたが、ガイドの数が多いのでわからないとのことでした。そのようにして、彼女との交流が絶たれて、はや十年以上が過ぎてしまいました。朴秀情(パク・スチョン)さん、私は、今でも貴女に会いたい。恋してます。

他人の色恋沙汰に関心のある殊勝なお方は、下記リンク先の過去の記事へもどうぞ。

http://crazypoker.seesaa.net/article/3571682.html
http://crazypoker2.seesaa.net/article/11953849.html
http://crazypoker2.seesaa.net/article/11953876.html
http://crazypoker2.seesaa.net/article/11953903.html




posted by frugal gambler at 03:58| Comment(5) | TrackBack(0) | My Gamble History | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。